前へ
次へ

個人営業の転職者を見据えた求人の考え方

事業の財産は人材だと言えるほど、従業員は事業遂行にとって大きな役割をもっています。
大企業なら余裕があって人材を教育していく余裕がありますが、中小零細企業でも人材確保が難しい状況ですから、個人営業にとっては事業の死活問題と言えるでしょう。
まず第一には、個人営業主と同等の能力を求めるのか、個人営業主を補佐する経理や総務などの分野だけを依頼すれば良いのかの区分が必要です。
前者のように個人営業の中心になって働く従業員の求人の場合、即戦力となる転職者を含め慎重な求人が必要です。
給与体系や退職金規定などの整備だけでなく、社会保険などの福利厚生の充実が求められます。
こうなると相当なコストがかかります。
このコストと従業員の稼ぎ出す利益のシュミュレーションをしっかりしておく必要があります。
こうなると即戦力となる転職者が大きな候補です。
次に、個人営業の求人方法とそれに係る費用です。
費用がかからない方法は、ハローワークを利用することや学校に求人をすることです。
この方法は情報提供の範囲が限られているデメリットがあります。
費用は掛かりますが、紙媒体やウェブ媒体の求人があります。
これらは情報を広い範囲に発信できますが、費用が掛かってもウェブ媒体の求人ならその個人営業の特色を強調できますから、望む人材を雇うことができる可能性が高くなると言えます。

Page Top